♪ チェルらしさ


チェルは静岡出身で、東京の人の多さや電車の乗り降りなどに戸惑うことがあるようです。

8年間住んでいたアメリカはアラバマ州やイリノイ州ですから、広くて住みやすい街だったのでしょうね。



そんなチェルですから、時々うっかり野中やドジっこ野中になるのはご愛嬌です。

パフォーマンスのときはハイパー野中ですから、素のときとのギャップに萌えますw



先日の座間のライブでのトークもチェルらしい話しでした。


それは、以前チェルがひとりで渋谷に行って、オシャレなカフェがないかなと歩いていたときだそうです。

前から歩いてきたOLに「じゃま!」って言われて、道をあけたそうです。


それ以来渋谷が怖くて、2ヶ月間ほど行ってないらしいです。


その後、山の手線に乗って、何気なしに降りてみようかなと、巣鴨に行ったそうです。

そして渋谷で打ちひしがれてた反動もあるのか、巣鴨の街がとても気に入ったようですw


ギスギスしていない人々や時間がゆったり流れているような安心感があるのでしょうね。

わかるような気がします。


で、家に帰って巣鴨について調べてみたら、おばあちゃんの原宿とあったので、なるほどと納得したそうですw

なんかチェルの人柄をあらわしていて、いいエピソードですね。


このエピソードと関連はしないのですが、最近のラジオ番組で、羽賀ちゃんに話していたことが面白かったです。

それはチェルを除く12期の3人が、最近グループの中で、妹感を発揮して先輩に上手に甘えるそうです。



でもチェルはそれが出来ないという話に続いて、ひとりで外出して街を歩いたり、お店に入ったりすると、よく大学生やOLに間違えられるそうで、まだ高一の15歳なのに、5歳ぐらい年上に見られるのがショックのようです。


チェルは、落ち着いていて、大人しくて、控えめで、見た目もキラキラ顔じゃなくて、カッコウも普通ぽいですから、年より上に見られるのはしょうがないですね。

それがチェルの個性でもあるし、特徴でもあるし、ある意味今のご時勢では貴重な存在なのだと思います。



私のようなおじさんが惹かれるゆえんでもありますねw

でも結構若いファンや女性のファンも多いですから、見た目だけじゃなくて、パフォーマンススキルの高さやファンへの心を込めた対応も評価されているに違いないと思います。


そんなチェルは、今日埼玉での2公演を絶好調で終えて、明日はMステでの生ライブです。




[PR]
by yamarine48 | 2015-09-22 23:48 | Comments(0)